北緯1度通信

シンガポール在住の日本人です。日々の雑感、趣味の話など思いつくまま書いてみます。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

シンガポールの酒事情

シンガポールの酒税はアルコール度数を基準にしているのでビールは安いが焼酎は高い。店と銘柄によって値段は違うが普段買い物をしている範囲では、缶ビールの値段はS$2 - 2.5/330cc缶、$3.5 - 5/500cc缶、$5 - 6/大瓶。日本の焼酎は甲乙関係なく、$50/4合、$80/一升。Johnny Walker Redが $42、Blackは$60。Gordon Dry Ginは$39、Beef Eaterになると$55。店で飲む場合は缶ビールが$7以上。Hawker(屋台村)だとほぼ原価。国営スーパーFairPriceでは月に一回、1、2週間ビールのバーゲンをやる。Tiger Beerが$2以下になる事もありその時は一月分買い溜める。ワインは、日本に比べて3倍から4倍するのでまず買わない。探せば良いものを安く売る店もある。外で飲む時はなるべく飲み放題オプションかHappy Hourがある所を選ぶ。なにしろ飲むので(笑。そうでない場合、原価で出すHawker(ビールだけ)か、地ビールを$10 - 14/500cc程度で飲めるマイクロブルワリーに行く。今S$1は約60円なので缶ビールが120円、一ケース2880円。相当に安い。好きな芋焼酎「小鶴」1.8lパックがS$80、4800円。かなり高いようだ。GordonのGinがアルコール43%、750cc。小鶴はアルコール25%、1800cc。アルコール100cc当りの価格は、それぞれS$12とS$17.8。一缶S$2/330ccのビールの場合、Tigerはアルコール5%なのでS$12。GordonとTiger Beerを比べると同じ価格になる。「小鶴」はプレミアムなんだな。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。