北緯1度通信

シンガポール在住の日本人です。日々の雑感、趣味の話など思いつくまま書いてみます。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

「直ちに健康被害は無い」

「直ちに健康被害は出ない」by 枝野幸男、 なんと適切な言葉だったろう。
甲状腺癌はチェルノブイリの知見から被爆後5年で発生する事が解っているのでそれ以内に見つかった物はフクイチが原因ではない、とか、鹹水魚は鰓からミネラルを排出するのでセシウムが蓄積しない、とか。傑作は「台風の接近で大量の雨水がたまり、あふれる恐れが出てきたことから、東京電力は16日昼過ぎから「緊急措置」として一部のタンクで弁を開け、たまっていた雨水を外に排出しました。」。溢れるから放水した,とは論理の崩壊だが、「排出した水には、放射性物質はほとんど含まれず、別のエリアにたまった放射性物質の濃度が高い水についてはタンクに移しているということです。」そんなに都合よく行くだろうか。後になって「高濃度汚染水と混ざっていた事が解った」りしないでしょうね?

2013−09−25追記:
事態はもっと悪かった。そもそもγ線を測らないで放出したそうだ。上のTBSのリンクは切れているが引用した文はママです。よくこんな嘘ニュース配信するね。まあ、「溢れるから排出した」は何かを省略したから非論理になったわけで、書いてて変だと思わないのか視聴者は大バカと思っているのか。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。